ガンダム:あきんどさんのガンダムガイド!

ブログトップページ > ガンダムカテゴリー

ガンダム情報

ガンダムの情報についての記事一覧サイトです。
ガンダムに関するカテゴリー更新情報の一覧は左サイドバーにありますので、ご観覧ください。
新しい情報が一番上になります。
また、ガンダムに関する情報もお待ちしてます。なにかガンダムに関する情報お持ちの方は、コメントいただけたら幸いです。

あきんどさんのガンダムに関する記事

ガンダムの最新記事は一番上です。以降新しいもの順となっております。

2007年11月30日

森口博子がガンダムに復帰???

最近テレビで見なくなった森口博子がガンダムの主題歌を歌うというニュースがあった。(ガンダム姉さん森口博子、3度目の主題歌

若いガンダムファンは知っているのか知らないが、森口博子といえばZガンダムの主題歌でバリバリのアイドルとしてデビュー。その後、劇場版F91の主題歌を歌うほか、テレビではバラエティアイドルのはしりとして活躍してた。
思わず懐かしくなって記事書いちゃったよ。ただ今回はPS2用ゲームソフト「SDガンダム ジージェネレーションスピリッツ」のオープニング&エンディングテーマだそうで・・・
やはり今のテレビのガンダムの主題歌は、ビックアーチストか若手アーチストが担当してるから、テレビの方では起用されないのかなぁ〜?

以下はニュース記事からの転載です。
約16年ぶりにガンダムに復活−。歌手の森口博子が28日、約2年半ぶりとなるニュー・シングル「もうひとつの未来〜starry spirits〜」(税込・1050円)をリリースした。収録されている2曲は、29日発売予定のPS2用ゲームソフト「SDガンダム ジージェネレーションスピリッツ」のオープニング&エンディングテーマソングとなっている。エンディングテーマソングの「それでも、生きる」は、森口自身が作詞を担当した。
85年に放送された「機動戦士Zガンダム」の主題歌「水の星へ愛をこめて」、91年に劇場公開された「機動戦士ガンダムF91」の主題歌「ETERNALWIND〜ほほえみは光る風の中〜」に続き、ガンダム関連の主題歌を歌うのは今回で3度目。森口は元祖バラドルのイメージが強いが、アニメファンの間では“ガンダム歌手”として知られている。
9月に千葉・幕張メッセで開催された東京ゲームショウでは、バンダイナムコブースの記念イベントで新曲を披露。「ガンダムがなかったら今の私はありえません」と話している。



2007年10月12日

新シリーズ「機動戦士ガンダムOO」を見た

先週末から放送された新シリーズ「機動戦士ガンダムOO」をさっき見ました。OOと書いてダブルオーと読むそうだ。
今回は西暦2307年という設定で、オープニングから意味深な始まり方をしました。主人公である刹那の少年時代、敵モビルスーツに対しマシンガンで対抗。「この世界に神は存在しない」と思ったその時、上空からビームが次々とモビルスーツを撃破。
上空にはガンダムと思われしシルエットが・・・
多分、この日に登場した4機のガンダムと違うものっぽいので、物語の後半に出てきそうな気配。

回想シーンは終わり、いよいよ「武力による戦争の根絶」を目的とした私設武装組織「ソレスタルビーイング」が活動を開始。
AEUの新型モビルスーツ「イナクト」のお披露目の現場に、上空から刹那の乗るガンダムエクシアが降下してきます。このガンダムは、GNドライヴという無限にエネルギーを生み出す動力源を持つようで、空も飛べるようです。
さらに電波障害も起こすようで、敵の無線が使えなくなってます。なんだか性能差がありすぎてあっさりイナクトを倒すガンダムエクシア。
軌道エレベーター上空では、AEUのモビルスーツ・ヘリオンが多数ガンダムエクシアを囲んでます。そこに地上よりガンダムデュナメスのビームがピンポイントで狙撃。難なくヘリオンを撃破していきます。

宇宙では、人類革新連盟の軌道エレベータの高軌道ステーションにテロリストのモビルスーツが襲撃。そこへ変形したガンダムキュリオスとガンダムヴァーチェが登場し全機撃破。とまぁここまで第1話では、ガンダム全4機をお披露目した感じで、最後は全世界に向けてソレスタルビーイングの目的を放送。
「武力による戦争の根絶」・・・なんかガンダムSEEDの設定を引きずったような感じですね。最初から世界は三つ巴の戦争状態で、その中に割って入るソレスタルビーイング。アークエンジェルとラクス・クライン派の設定を受け継いでいる感じ。
今後どの様な展開になるか楽しみにしましょう。



2007年05月31日

完成!MG RX-93-ν2 Hi-νガンダム

ついに完成!マスターグレードRX-93-ν2 Hi-νガンダム
時間を見つけてコツコツ仕上げました。最新のガンプラはとにかく良くできてます。一応缶スプレーで塗装してますが、元々の生成色でも色分けは完璧です。
さらにパーツ割もほぼ完璧で、頭部やファンネルラックと一部武器類のみ合わせ目消しする必要がないです。
ちなみに頭部と武器のみ合わせ目消しましたが、ファンネルラックや武器の一部は後ハメができないのでそのままにしました。完成してから見ても、あまり気にならないので良いかなと・・・(^^;

Hi-νガンダム

それにしてもこのファンネル装備状態を見ると、やっぱりフリーダムにシルエット似てません???
ただ元のνガンダムは、背中にうまくニューハイパーバズーカを装備できますが、Hi-νガンダムでは装備できないです。その代わりか説明書には書いてないですが、ビームライフルを後ろの腰部に装備できるようになってました。

久々にガンプラ作りましたが、次また新しいザクver.2.0でも作ろうかなぁ。時間があればの話ですが・・・



2007年03月04日

MG RX-93-ν2 Hi-νガンダムを買ってきた。

久しぶりにガンプラを買ってきました。2月に新しく発売されたマスターグレードの「RX-93-ν2 Hi-νガンダム

MG RX-93-ν2 Hi-νガンダム

いやぁ〜箱がデカイことデカイこと(笑
スマートな機体なのでちょっと予想外。フィンファンネルが6機付いてますが、それ以外には特にオマケがあるわけでもないのに・・・
でもってフタを開けてみると、なんとも多いパーツ群。

中身

これはなかなか作り応えがありそうです。って作る時間あるのかなぁ俺・・・(^^;
ちなみにこのHi-νガンダムは小説版に出てくるんですが、小説読んでないのでどういう機体なのかよく知りませんでした。「MS大全集」などで左前からのイラストが載ってたのですが、今回箱や説明書を見たところ背面左右にフィンファンネルが3機づつマウントされてます。
マウントしている状態を見ると青い翼のように見えます。これってフリーダム?いやファンネルだからストライクフリーダムのはしりだったのか?っていうデザイン。

問題は色なんだが・・・青い部分はいつも使う缶スプレー「ブリリアントブルー」よりちょっと薄いような気がするし、白い部分は「ホワイト」というよりちょっとクリームがかっているようだし・・・缶スプレーでは厳しいか。
でもエアブラシを持ってない私は、缶スプレーにある色で塗装するしかない。筆塗りでは絶対筆ムラだらけになるからね。
ってなワケで多分青は「ブリリアントブルー」で、白は「ホワイト」になりそうです。
完成するまでにどのくらいの時間がかかるかわからないが、コツコツ製作をしていきたい。



2007年01月10日

機動戦士ガンダムSEED DESTINYスペシャルエディション4(完結編)

日曜深夜に「機動戦士ガンダムSEED DESTINYスペシャルエディション4(完結編)」放送してましたね。
翌日が祝日だったけど最近のアニメは、なんで深夜に放送するんでしょう?スポンサーの関係か?子供が見れる時間帯にすればいいのに・・・
ストーリーは解っているが、今回見てもやっぱりシンの扱いがかわいそう・・・

キラたちオーブ側と議長らは、ある程度やり遂げた感があるのだが、シンに関してはなんか不完全燃焼。いずれシンのその後をケアする作品でも作ってあげて欲しいくらい。まぁあの終わり方だと、どこか第三勢力でも現れないと続編が作られそうにないですね。
そういえばガンプラもマスターグレードでストライクフリーダムが発売されましたが、デスティニーも出そうよバンダイさん。

次にテレビでガンダムが出るとしたらどういう作品になるのかな?何かの続編かまったく新しい作品が作られるのか?



2006年08月03日

HYPER HYBRID MODEL(ハイパー ハイブリッド モデル)1/12 RX-78-2 GUNDAM(ガンダム)

RX-78-2 ガンダムになんと1/12スケールが登場!さっきlivedoor ニュースを見て知りました。livedoor ニュースの写真だと、隣の女の子と高さがほとんど変わりません(笑

バンダイがやってくれます。高さ1.5メートルの大型組み立てキット「HYPER HYBRID MODEL(ハイパー ハイブリッド モデル)1/12 RX-78-2 GUNDAM(ガンダム)」を、12月16日から発売すると発表。その価格はナント35万円。
前回2001年12月に、大型組み立てキットの第一弾として「MS-06S ZAKU供淵競供法廚鯣売。20万円を超える価格ながら、20〜40歳代の男性を中心に、約1500体を販売。
これはイケると思ったかどうかは解らないが、今回はガンダムを販売することに!

5年を経て発売となる今回のガンダムは、可動部分を改良し、さまざまなポーズを自由に取れるようにしたほか、付属の赤外線リモコンで目の部分を点滅させたり、効果音が楽しめるようになっている。このキットの総部品点数は約260点で、可動部分は全身14ヶ所。プラモデルとほぼ同素材を使っているので、着色や改造も可能という。
ちょっとプラモデル感覚では、値段が値段なんで作れないかも(笑

1/12ガンダム
HY2M ハイパーハイブリッドモデル 1/12 RX-78-2 ガンダム(予約)


2006年05月10日

劇場版・機動戦士ガンダムSEED (仮称)製作決定

ガンダムSEED DESTINYのテレビ放送終了前に話題になっていた続編シリーズ。
「STARGAZER」は、ガンダムSEED DESTINYで起こったユニウスセブン落下の影で起こったある戦いのストーリーだが、完全な続編を映画化する模様。

以下、ガンダムSEED公式ページより引用
2006/05/07 『劇場版・機動戦士ガンダムSEED (仮称)』製作決定 !!
21世紀最大のヒットを記録したガンダムSEEDがついに劇場映画化決定致しました!!
コズミック・イラの世界を駆け抜けた数々のモビルスーツ、人気キャラクターたちが銀幕に舞い降ります!
ガンダムシリーズの完全新作映画としては1991年に公開された「機動戦士ガンダムF91」以来の製作。
福田己津央監督によるダイナミックかつ繊細な映像演出が劇場で繰り広げられます。
詳細に関しては当公式Webサイト内で順次公開予定です。
新たなるSEED伝説の幕が今、開ける!

これだけじゃどんな感じになるか解らないね・・・
でも完全新作の映画と書いてあるので、続編になるのは間違いないはず。期待して待とうじゃありませんか。

人気ブログランキング



2005年12月27日

久しぶりのガンダムSEED DESTINY

FINAL PLUS「選ばれた未来」

いやいやビックリしました。
てっきり普通の総集編だと思ってましたが、最終話「50話」のリメイクでしたね。
まぁストーリー自体は変わらないのですが、より詳しい内容になってました。
最初からこうすればよかったのに・・・

戦闘シーン&説得シーンが追加されたり、ラストのデュランダル議長とキラとの対決にアスランが合流したりと、追加のシ−ンやセリフが豊富にあってよかったと思う。
戦闘終了からシン・ルナマリアを迎えに行くアスラン、そしてプラントとオーブによる停戦協定、プラントに戻るラクスと、後日談も付け加えられましたね。

さらにラストのラスト、シンが本当に納得したのかどうかは解らないが、オーブにある慰霊碑に参るシン・ルナマリア・アスラン・メイリン。
そこにキラ&ラクスが登場。
初めてお互いが誰だかと解る状態でのシンとキラのご対面。
そして手を差し出すキラ、「ダメかな?」と。
「いくら吹き飛ばされても、僕らはまた花を植えるよ。きっと」
「それが俺たちの戦いだな」
「一緒に戦おう」
と言われて、素直に握手をして「はい!」と答えるシン。
これですべてまるく納まったのかな?いや、ここにカガリがいないので、シンとカガリの蟠りが残ってるかも・・・この流れだとそれは無いか。

多少やっぱり強引な終わり方だったが、あのままシンはどうなったんだろう的な終わり方より、賛否両論あるだろうが今回ハッキリさせてくれてよかった。
なにわともあれ久々にガンダムシードデスティニーを楽しめました。

あっでも何で深夜の放送だったんだろう・・・?
今どきビデオぐらい何処の家庭でもあるだろうが、子供が見れる時間帯に放送すればよかったのに・・・

人気ブログランキング

1/100 ガンダムシードデスティニーデスティニーガンダム


2005年10月02日

今週のガンダムSEED DESTINY第50話最終回

第50話「最後の力」

いよいよ最終回です。
キラのレイに言った
「でも違う!命は何にだって一つだ。」
「だからその命はキミだ!彼じゃない!」
の言葉がすべてだったような気がしました。
この言葉でレイが、未来を生きていく方を選んだって言ったら変かもしれないが、自由を選び自由を無くそうとする議長へのラストの発砲につながったような気がしました。(う〜ん、なんかうまく表現できん)
今週のガンダムSEED DESTINY第50話最終回の続きを読む

2005年09月27日

今週のガンダムSEED DESTINY第49話

第49話「レイ」

いよいよクライマックス、どうやらレイはクルーゼと同じく「最高のコーディネーターのキラ・ヤマト」を作り出す為に作られたクローンだったようです。
コーディネーターを生み出すのにクローン???
この辺のところがよく解らんのだが、他のブログの方々を見せてもらったら、どうやら自分のクローンを作って欲しがっているアル・ダ・フラガにコーディネーターの研究資金を出してもらう為にアル・ダ・フラガのクローン(クルーゼ・レイ)を作ったって所が真実のようです。

この話の最後に「キラの存在は許せん」みたいなこと言っていたけど、それって単なる逆恨み?
ガンダムSEED DESTINYって実はレイの復習劇だったのか?
たしかにクルーゼやレイの境遇になったら、誰かを恨みたくなってもしょうがないかもしれんが、その対象がキラっていうのも筋違いのような。
現に前作のキラも「なんでコーディネーターに生んだの」って両親に言いたいようなことを言って悩んでたが、誰かを恨むことは無かった。
これはやっぱり育った環境のせいなのか?
特にレイはあんな研究所に入れられてて、尚且つ寿命も短い。誰かを恨まずにはいられないってことか。
このおまえが悪い的考えってシンに似てない?(こう思うのは私だけだろうけど)
今週のガンダムSEED DESTINY第49話の続きを読む

ガンダムに関するコメントについて

このブログでは、私がガンダムに関する情報を調べた結果を忘れないために書いてます。同じようにガンダムについて知りたいと思っている方のお役に立つかも。
ほかにもっとガンダムの情報をお持ちの方、いろいろガンダムに関するコメントをお待ちしてます。
またガンダム以外の情報も記事にしてます。カテゴリーごとに分類しておりますので、トップページより左サイドバーのメニュー一覧より選択してください。

このページのカテゴリーはガンダムです。検索エンジンならびにテレビや書籍などで調べたことを記事にしてます。新しいもの順にガンダムの記事が並んでます。内容によっては、上から読まれると話が前後することがあるので注意です。
専門分野の方がご覧になられたら、ガンダムに関して全然だなぁと思われるかもしれませんが、またガンダムについてわかったことがあれば更新したいと思います。

ガンダムに関するトラックバックについて

ガンダムに関するトラックバックをお待ちしております。その際、こちらからもトラックバックさせてもらいます。

ガンダムの情報

このサイトはガンダム情報のサイトです。ほかの情報は、トップページ左サイドバーよりどうぞ!

ガンダムの更新履歴