あきんどさんがW杯ジーコジャパン予選敗退について語る。

W杯ジーコジャパン予選敗退

ブログトップページサッカーワールドカップ2006年ドイツ大会カテゴリー > W杯ジーコジャパン予選敗退
2006年06月23日

W杯ジーコジャパン予選敗退

W杯ジーコジャパン予選敗退

サッカーワールドカップF組、日本代表vsブラジル代表戦は、1-4で日本代表の敗戦。
これで日本代表のワールドカップドイツ大会での予選リーグ敗退が決まりました。

非常に悔しいです。しかし、ワールドカップというガチンコ対決の場で、王者ブラジルとの力の差がハッキリしたのは、収穫だったのでは?
コンフェデレーションカップでブラジルに引き分けようが、親善試合でドイツと引き分けようが、本当の力の差ってどんなもんかは、ワールドカップという舞台でなければ解りにくかったと思う。
この試合、日本のゴール前で日本の選手の方が、人数多いのにかかわらず、ブラジルの選手にパスを回され確実にシュートまで持っていかれていた。
オーストラリアやクロアチア戦では、日本代表も戦い方次第では何とかなったと思うが、このブラジル戦では力の差が歴然だった。
ただ、日本代表もいい所はあった。前半の先制の所で、稲本−サントス−玉田と渡って玉田がキッチリゴールを決めた。過去2戦で実現しなかったことが、この大一番で出た。

思ったのだが今後の日本代表は、もっと海外でレギュラーを取れる選手を出さなければ、世界の舞台で活躍は難しいのでは?
ブラジル戦、日本選手のファウルが少なかったようだが、体を張って止めにすらいけないほどブラジルの攻撃が速かった。それともフリーキックを与えない為にワザと詰めなかった?
いずれにしても、Jリーグでは体験できないようなブラジル選手の動きの良さ、パスの速さ正確さ。ヨーロッパのリーグでは、これに近い動きを毎試合やってる訳だから、このくらいのプレイが当たり前な環境でサッカーすれば、選手のレベルは勝手に上がると思う。
今、何人かがヨーロッパのクラブに所属してるが、中村以外はほとんど出番がない状態。これが日本代表のFW・MF・DF・GK全員が、ヨーロッパのクラブでレギュラーを張っていて、レベルの高いサッカーを毎試合経験していたら、もっと日本代表のレベルも上がるはず。

まぁそんなことみんな解ってるんだけどね。日本の有力選手が海外に移籍しても、なかなか使ってもらえない状況、そして使ってもらえても少ないチャンスを一発で決める難しさ。Jリーグのレベルがもっと上がればいいのだが・・・
とにかく日本代表の選手たちが、もっとレベルの高い所でプレイをし、経験を積むしか強豪国に勝つのは難しいというのが解った。
次の大会まで4年ある。この悔しさが日本のサッカー界発展の糧になることを信じましょう。
ジーコ監督以下日本代表選手のみなさんお疲れ様でした。



トラックバックURL
管理人認証後表示されます。
この記事にコメントする
管理人認証後表示されます。
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

W杯ジーコジャパン予選敗退に関するコメントについて

このブログでは、私がW杯ジーコジャパン予選敗退に関する情報を調べた結果を忘れないために書いてます。同じようにW杯ジーコジャパン予選敗退について知りたいと思っている方のお役に立つかも。
ほかにもっとW杯ジーコジャパン予選敗退の情報をお持ちの方、いろいろW杯ジーコジャパン予選敗退に関するコメントをお待ちしてます。
またW杯ジーコジャパン予選敗退以外の情報も記事にしてます。カテゴリーごとに分類しておりますので、トップページより左サイドバーのメニュー一覧より選択してください。

このページのカテゴリーはサッカーワールドカップ2006年ドイツ大会です。検索エンジンならびにテレビや書籍などで調べたことを記事にしてます。
またW杯ジーコジャパン予選敗退についてわかったことがあれば更新したいと思います。

W杯ジーコジャパン予選敗退に関するトラックバックについて

W杯ジーコジャパン予選敗退に関するトラックバックをお待ちしております。その際、こちらからもトラックバックさせてもらいます。

W杯ジーコジャパン予選敗退の情報

このページはW杯ジーコジャパン予選敗退の情報です。W杯ジーコジャパン予選敗退以外の情報は、左サイドバーのカテゴリー一覧か、右サイドバーのリンク集よりご覧ください。